2014年12月1日月曜日

師走

あっと言う間に季節は廻る。今年もまた年賀状を認めなければと、焦りを覚える。毎年の事ながらこの時期になると、喪中の挨拶状が届き寂寥感を伴う。
さてさて母の分から書くので、私のほうはどうしても後回しになる。どんなイラストにしようか?悩むところではある。
003-2

0 件のコメント: